【企画書】千葉のおじいちゃんおばあちゃんのサツマイモで運気UPプロジェクト(2:クラファン企画編)

煮つけなら「サツマイモの蔓」。
観葉植物なら「サツマイモの芽」。
非常食なら「干し芋」。
というくらいサツマイモを活用する つのかくし です。こんにちは。

山ごと確保プロジェクトの前哨戦かつ要である、
サツマイモプロジェクトの続きです。

わたぼうし
わたぼうし

だからネーミングセンス。

つのかくし
つのかくし

考えてくれる人を
クラファンで募るよ。

プロジェクトの立ち位置

ばばあ:自分探しカウンセリング(マヤ暦)
 ↓
母体:山ごと確保プロジェクト「山を得るために動きなさい」

長男:ネットビジネス「稼ぎ頭になるぜ」
│ ├Lv1:サツマイモ売るぜ!←ココ
│ ├Lv2:他の野菜も売るぜ!
│ ├Lv3:野菜を調理して売るぜ!
│ └Lv4:生産者─調理者─消費者連係

長女:里山ビジネス「すべての架け橋になるわ」
│ ├Lv1:空家に人を呼べるようにするわ
│ ├Lv2:空家に人が泊まれるようにするわ
│ ├Lv3:空家に人が暮らせるようにするわ
│ ├Lv4:シェアハウスになるわ
│ ├Lv5:農作物を育てて長男へ売るわ
│ ├Lv6:畑がいっぱいだから人も育てるわ
│ └Lv∞:もっと広げていくわ

└ペット「何かあれば長男長女に絡みにいくぜ」
 └料理人育成、カウベルト代替イノベルト、ドッグラン、猫カフェ…等々

つのかくし
つのかくし

他の家族が増えるかもしれないし
下剋上が起きるかもしれない。

サツマイモが買えるのはCAMPFIREから

お待たせしました。

サツマイモを販売するプラットフォームが決まりました。

クラウドファンディング大手
CAMPFIRE
です。

ページは審査中なので変わるかもしれませんがココ!

サツマイモ一筋の高齢農家から届く、あなた専用「宿命のサツマイモ」プロジェクト
人生をサツマイモに注いだ老夫婦。後継者もおらず高齢のためいつまで畑ができるのか、毎日に意味を感じながら育てたサツマイモが、毎日に意味があるとするマヤ暦と出会う。あなたに食べてもらうために一人一人違う日に収穫した「宿命のサツマイモ」が幸せを運びます。老夫婦の残りの農業ライフを応援しよう!

超お願い!せめてお気に入り登録だけでもお願いします!!!

クラファンなのか、
メルカリ等の個人販売なのか、
楽天やAmazon、BASE等のネットショップ店舗か。。。

色々と検討しましたが、
認知度0の状態からショップ開設は集客が難しいのと、
ゴール設定がしたいこともあったので、
クラウドファンディングに落ち着きました。

どんなサツマイモなの?

「べにはるか」「シルクスイート」の人気の2種です。
どちらもしっとり系で、パサパサ感は少なめ。

シンプルに焼き芋や、ふかし芋がオススメですが、
適度に堅さもあるため料理全般なんでもいける、オールラウンダーです。

シルクスイートの方がしっとりねっとり感は強めかな。
でも安納芋ほどベタベタしていないので食べやすいですよ。

扱うのは、良くも悪くも「普通のお芋」。

無農薬等のこだわり農法や、珍しい品種…という特徴がないのです。

でも、
特徴が無いのが良いのです!

サツマイモを育てているのは80代の老夫婦。
何十年もふたりで、土や苗、虫や自然と会話しながら、手で育ててきました

ふたりでやるしかない。
倒れたらそこで終わり。

毎日毎日、そんな強い想いで畑に向き合っておられます。

潜在意識や思考、想い、エネルギーといった、
目に見えない部分に本質があるとお分かりの皆様なら、
お気づきになったのではないでしょうか。

シンプルなお芋だから、
想いの影響が反映しやすいのではないでしょうか。

これが珍しいお芋だったら。
これがこだわり農法だったら。

その尖ったこだわり部分に気が持っていかれるので、
愛情や想いが味になって表れたことが分かりにくいでしょう。

つのかくし
つのかくし

マジで美味しいの!

同じ品種のお芋はスーパーでよく見るけどなんか違うの。

なんでだろうね。

想いの力ってあるのかな?あるんだよ。

想いが味に反映されている証明?
よく見かけるミカンの例があるじゃないですか。

「美味しい可愛いキレイ」と毎日声をかけられたミカン。
「汚いマズそうブサイク」と毎日声をかけられたミカン。

数日後、
前者はプリプリと美味しそうなまま。
後者は腐ってしまった。

ミカンが可哀そうすぎて、
どのミカンにも「可愛いね」と声をかけてしまうので、
自分は実験できていませんが、調べたら結構出てきます。

そしてこの類の実験は、
人間にもされていたのですよ…

結果をお教えするので、
「フリードリヒ2世 実験」で検索しちゃダメですよ。。。

つまりこういうことです。

食事や水、睡眠等、生命を維持するための適切な環境を整えたとしても、
愛情やスキンシップを与えられなかったら生きていけない。

ということでした。

だからね。

IT技術とかスマート化とかテクノロジーとか、
効率化が好きな私は大好物なんだけど、
相手が生命である場合、どれだけ手間がかかっても、
省略してはいけない工程も存在する
と思うのです。

逆を言うと、
手間暇かけたほど美味しいものが出来上がる。

よく聞くフレーズですが、
想いが味に反映されることを実証しているのではないかしら。

クラウドファンディングのページ

そうです。

私はマヤ暦を武器に持っているのです。

農家さんと繋がれば、マヤ暦的にいい日に収穫できるじゃないですか。

しかも、
その人ごとに「いい日」は違うので、購入者さんの生年月日を教えてもらえたら、
その人にあった収穫日のサツマイモをお届けできるじゃないですか。

マヤ暦は、運の流れを読むことに長けています。

だからクラファンの最初の申請時に、
「開運おたすけサツマイモ」「運を呼び込むサツマイモ」と分かりやすいネーミングで出したのですが、怪しいので差し戻しされてしまいました。

怪しいと思われるのは目に見えていたので、
根拠や理論を書き綴ったら、余計に怪しく思われたようです。

そのため
「とにかくスゴイ!」「これって運命かも!」
みたいに抽象的で小学生のような書き方をせざるを得ませんでした。

サツマイモ一筋の高齢農家から届く、あなた専用「宿命のサツマイモ」プロジェクト
人生をサツマイモに注いだ老夫婦。後継者もおらず高齢のためいつまで畑ができるのか、毎日に意味を感じながら育てたサツマイモが、毎日に意味があるとするマヤ暦と出会う。あなたに食べてもらうために一人一人違う日に収穫した「宿命のサツマイモ」が幸せを運びます。老夫婦の残りの農業ライフを応援しよう!

まだダメかなー?
申請通るかなー?

申請が通ればタイミングを見て公開します。

お気に入り登録してくださると、募集開始のタイミングで通知が届くので便利ですよ。

プロジェクトページでは書けなかったことを、
自分のブログでは書かせてもらいました。

どうぞ引き続き、応援お願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました